キャッシュフローの改善

藤原公認会計士事務所

06-6210-4590

〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1丁目3-17永都ビル大阪長堀

キャッシュフローの改善

藤原公認会計士事務所のブログ

2022/08/05 キャッシュフローの改善

キャッシュフローの改善

 

 

 

 

 

 

 

■ 実践コラム

『キャッシュフローの改善』
…有事の際は利益よりもキャッシュフローが重要です。

 

■ お役立ち情報

『エイジフレンドリー補助金について』
…60歳以上の労働者を雇用している事業者の方はご検討ください。

 

◆ 小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様!

廉価で財務部長代行をお引き受けします!
…お金の心配をしない経営を本気で目指しませんか!

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ◆

 

 

 

 

 

藤原 祥孝

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 実践コラム
『キャッシュフローの改善』
…有事の際は利益よりもキャッシュフローが重要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

コロナウイルス感染拡大の影響により赤字に陥る関与先様が増加しています。
本来は利益が大変重要ですが、このような状況下においては、利益よりもキャッシュフローを重視した方が経営は楽になるかもしれません。

 

月額3万円程度の利用料を売上高とするA社とB社があります。
A社は毎月3万円を受け取っていますが、B社は初月に6か月分の18万円を一括で受け取っています。
A社は毎月の資金不足を補てんするため資金繰りに奔走していますが、B社は先取りした6か月分の売上代金を人件費等の支払に充てています。
A社とB社は同じビジネスモデル、同じ売上高ですが、資金繰りの状況は全く違います。

 

あるソフトウェアを受託開発しているA社と、パッケージ化して商品にしたB社があります。
A社の受託開発期間は平均3か月ですので代金を受け取れるのは最大4か月後となり、その間の人件費の立替に苦労しています。
一方のB社は基本機能をパッケージ化しているため納品した時点で売上を立てることができ、翌月には売上の代金を受け取れます。
A社は黒字ですが資金繰りは厳しく、B社は将来のために開発費を先行投入して赤字になっているにも関わらず資金繰りに余裕があります。

 

ある機械を自社割賦で販売しているA社と、リース会社と提携してリース販売しているB社があります。
A社は原価相当額を一括で受け取った後、利益部分を10回の分割払いにしていますが、原価部分の一括払いがネックとなり営業面で苦労するうえ、利益は後からの回収となるため資金繰りに苦労しています。
一方、B社は全額リースで販売できるため、営業面でハードルがA社よりも低く、さらに一括で代金の回収ができるため資金繰りにも苦労することがありません。

 

コロナ禍の影響により世間的には赤字を容認する雰囲気があります。
経営状況を無理して良く見せる必要がないのであれば、利益率は良いが取引条件の悪い売上より、利益率はそこそこでもキャッシュフローの良い売上を優先して獲得する方が資金繰りは改善されます。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。
お気軽にご相談ください。

 

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。
お気軽にご相談ください。

 

○音声・パワーポイントレジュメ付の誌上無料セミナー(20分)をご視聴ください。
【創業~中小零細企業経営者が押さえておくべき銀行取引の基本ルール10!と3つの事例!】

 

…借り手の論理ではなく貸し手の論理で!
雨傘理論ではなく日傘理論で!

 

https://youtu.be/74QoKmoljcc

 

■お問合せ先
【 藤原公認会計士事務所 fujiwara@fujiwara-cpa.jp 】

 

 

 

 

 

笑顔で佇むスーツ姿の男女

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ お役立ち情報
『エイジフレンドリー補助金について』
…60歳以上の労働者を雇用している事業者の方はご検討ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「エイジフレンドリー補助金」は、高齢者が安心して安全に働くことができるよう、中小企業事業者による職場環境の改善等の安全衛生対策の実施に対して補助を行うものです。
社会福祉施設、医療保健業、旅館業や飲食店などの接客サービス業等で、高齢者が就労する際に利用者と密に接する業務での新型コロナウイルス感染を防止するための設備や作業の改善に要した費用も補助の対象となります。
申請期限は令和4年10月31日です。ご検討ください。

 

概要をみておきましょう。

 

■補助対象となる事業者
以下の要件を満たす中小企業事業者が対象となります。
(1)60歳以上の労働者を常時1名以上雇用していること
(2)労働保険に加入していること

 

■補助対象となる対策
働く高齢者を対象として職場環境を改善するための次のような対策が補助対象となります。
(1)働く高齢者の新型コロナウイルス感染予防
・介護における入浴介助の際の身体的負担を軽減する機器
・熱中症の初期症状等の体調の急変を把握できる小型携帯機器を用いた健康管理システムの利用
・飛沫感染を防止するための対策、など

 

(2)身体機能の低下を補う設備・装置の導入
・通路の段差の解消、階段に手すりの設置
・床や通路の滑り防止対策
・熱中症リスクの高い作業がある事業場における休憩施設の整備、送風機の設置
・体温を下げるための機能のある服
・重量物搬送機器・リフトの導入、など

 

(3)働く高齢者の健康や体力の状況の把握等
・体力チェック
・運動・栄養・保健指導等の実施、など
(4)安全衛生教育
・高年齢労働者の特性に配慮した安全衛生教育、など

 

■補助内容
補助対象となる対策に要した費用について、以下の内容で補助されます。
◇補助率:1/2
◇補助上限額:100万円(消費税を含む)

 

■申請期限等
申請期限は令和4年10月31日です。
申請された書類は毎月末に取りまとめられ、翌月に審査が行われて採択が決定されます。

 

詳細は、エイジフレンドリー補助金事務センターのホームページからご確認ください。

 

https://www.jashcon-age.or.jp/

 

〇補助金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。
お気軽にご相談ください。

 

【 藤原公認会計士事務所 fujiwara@fujiwara-cpa.jp 】

 

 

 

 

 

 

握手を交わす男性

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様!
廉価で『財務部長代行』をお引き受けします!
…お金の心配をしない経営を本気で目指しませんか!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様へ!
・財務部長が月額数万円~!
・お金の心配をしない経営を本気で目指す!
・財務支援のプロフェッショナル『新・税理士』が貴社の財務部長の代行を務める『資金繰り円滑化サービス』のご案内!

 

■ サービスの概要
中小企業に特化した財務戦略及び金融機関対応の訓練を受けた銀行融資プランナー「新・税理士」が、貴社の財務部長として、中長期的な資金繰り管理と金融機関対応(資金調達)を主体的に行います。
単なるアドバイスではありません!

 

■ サービスの流れ
期首:経営分析・経営課題の抽出・今期資金繰り目標設定
毎月:資金繰り状況の管理
定期:定例資金繰り管理会議
随時:融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明

 

■ 導入の効果
1.脱どんぶり勘定!
~資金繰りシミュレーションにより正確な経営判断ができるようになります。
例えば、「販売価格の値上げ(値下げ)」「人員の雇用」「設備投資」等の経営判断が資金繰りに与える影響を、数値で把握できるようになります。
2.手間いらず!
~金融機関向けの資料を作成する手間が省けます。
3.任せて安心!
~金融機関の考え方を熟知した銀行融資プランナーが金融機関対応を行います。
4.資金調達力向上!
~経営品質の向上により金融機関からの信頼度が上がります。

 

○ サービス名:資金繰り円滑化サービス
○ サービス内容:キャッシュフローの番人業務(財務部長代行業務)
○ 具体的な業務の内容:近未来の資金繰り予測と様々な財務・金融機関対応、財務部長的な業務全般
1.経営分析シートの作成(年1回)
2.資金繰り表の作成(毎月)
3.資金管理会議の開催(毎月/3ヶ月毎/6ヶ月毎)
4.積極的な銀行対応支援(随時)
○ サービス料金:資金管理会議の頻度で変わります。
月額数万円~お見積りします。

 

我々は、『新・税理士』です。
『新・税理士』は、貴社の財務部長代行業務を廉価で行います。
まずは、お問い合わせください。

 

■お問合せ先
【 藤原公認会計士事務所 fujiwara@fujiwara-cpa.jp 】

 

 

 

 

 

藤原公認会計士事務所

電話番号 06-6210-4590
住所 〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1丁目3-17永都ビル大阪長堀

TOP