忘年会や新年会の費用を会社が負担する場合の税務上の取り扱いです。今回のメルマガです。

本日もビジネスメルマガをお届けいたします。

忘年会や新年会の費用を会社が負担する場合の税務上の取り扱いです。ケースによって取り扱いが異なりますのでご注意ください。

アイデアをどのように作り上げていくのか。今回はその後編です。

人材を育成するということは、いつの時代でも企業の成長に不可欠なものです。原点に立ち返りましょう。

今回は高齢者を有期契約雇用から無期雇用に転換した場合にもらえる助成金です。詳細は専門家にお尋ねください。

専門業務型裁量労働制を採用したとしても、労働時間や条件等の裁量を労働者にすべて委ねることはできません。使用者は最低限の措置は講じなければなりません。ご注意ください

詳細はメルマガ記事一覧にあります。

メルマガ記事一覧はこちらもしくはページ右側にあるメルマガ記事一覧をクリックしてください。

カテゴリー news. Bookmark the permalink.