個人保証を行ってもせめて最低限の個人財産は保全しましょう。今回のメルマガです。

本日もビジネスメルマガをお届けいたします。

最近の傾向は少し変わってきているとはいえまだ中小企業が金融機関から借入を行う際は経営者の個人保証が必要な場合が多いです。最悪の場合でも「個人資産を保全するための考え方」についてご紹介します。

カンヌライオンズ(旧カンヌ国際広告祭)のレポート第1回です。

忘年会等行事の幹事を任せる場合でもその任せ方やあとのフォローをうまくすることによって人材育成の一つの方法になりますね。

非常時の時間外労働と36協定の関係です。台風や地震等天災地変があった場合の解釈です。

詳細はメルマガ記事一覧にあります。

メルマガ記事一覧はこちらもしくはページ右側にあるメルマガ記事一覧をクリックしてください。

カテゴリー news. Bookmark the permalink.