身内に対する人件費の適正額について考えてみませんか。今回のメルマガです。

本日もビジネスメルマガをお届けいたします。

人件費についての税務上の注意点です。架空人件費は論外ですが貴社では事業主たる社長や身内への給料の適正額やその内容等税務調査を受けても大丈夫ですか?一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

生産性を向上させることで助成金が割増される場合もあります。詳しくは専門家にお尋ねください。

アイデアは「独創的で天才的なひらめきによるもの」ではなく「既存の要素の組合せ」と考えると楽になりますよね。イノベーションも同じ発想で「既存の要素を組合わせて新しい価値を創造すること」と考えるといいのかもしれませんね。

事業の継続が困難になる要因の一つに人手不足があります。不慮の事態が起きても事業を継続させていけるよう人材に対する方策も講じていきましょう。特に後継者対策は非常に大事なことです。後継者の育成をお考えの方はぜひ私にお問い合わせください。

残業拒否に限らず従業員に懲戒処分を行ったり解雇を行ったりするためには事前に規定を整備し労働組合(従業員)と協定を結ばなければなりません。詳細は専門家にお尋ねください。

詳細はメルマガ記事一覧にあります。

メルマガ記事一覧はこちらもしくはページ右側にあるメルマガ記事一覧をクリックしてください。

カテゴリー news. Bookmark the permalink.