勤務時間の短縮による賃金カットの適否です。今回のメルマガです。

食事等をする場合の会計処理については、リクルート関連費用すなわち相手が学生がどうかやリクルート活動であるかどうかに関係なく考え方は同じです。普段から会社での処理ルールをきっちり定めておくようにしましょう。

ネイティブ・アドってご存知ですか。ネット空間の進化にはなかなかついていけないですね。

部下に指導のつもりで「指摘」したつもりでも相手には「叱責」と受け止められる。このようなお互いの意識のギャップは今も昔も変わらないものがありますが、そのギャップがだんだん大きく開いてきている感はありますね。

勤務時間の短縮と短縮時間に応じた賃金カットの適否ですが、基本的には労使で話し合って一定のルールを定めておき、できれば就業規則に明文化しておくようにしましょう。

詳細はメルマガ記事一覧にあります。

メルマガ記事一覧はこちらもしくはページ右側にあるメルマガ記事一覧をクリックしてください。

カテゴリー news. Bookmark the permalink.